なぜ?費用をかけてまで雪を融かすのか

融雪には装置の購入や工事などの初期費用と、雪を融かすためのランニングコストがかかります。

融雪を利用している人たちは、なぜ費用をかけてまで、雪を融かそうとするのでしょうか?

「除雪に労力や時間をかけずに済む(減らせる)」
「雪があることで生じる不便や危険を回避できる」
「雪下しや除排雪も、頼めばけっこう高いし、気も使う」
などなど。文章にすると当たり前のことですが、そこに込められている思いの重さや強さは、体験した人にしか理解できないものもあります。

融雪には利用者たちしか知らないホンネもあります。
そのホンネを知れば、もっと融雪の事が理解できるはず。

雪下ろし・除雪など

雪に関わる不便や問題のいろいろ

積雪のある雪国では当たり前のことですが、積もった雪をどうにかしないことには、日常生活も仕事も何もできません。

積もった雪は片付けるのが基本ですが、何十センチと積もった雪を片付けるのは、かなりの労力を要します。 しかも吹雪や寒さの悪天候での作業であることも少なくないです。

若いうちは運動も兼ねて頑張れたとしても、年齢を重ねるにつれて、しだいに負担も大きく感じるようになります。

身に余る雪片付けを続けると、疲れから注意力も低下します。 それが原因と思われる事故も毎年たくさん発生しています。

雪片付けは、時間もかかる作業です。
・朝の出かける前の時間
・一日を終えて疲れて帰ってきてからの時間
いずれもできれば雪片付けという重労働は避けたいところですが、そうもいきません。

雪片付けしないことには、車も出せないですし、家の前もみっともない状態です。

市街地や住宅地では、雪捨て場が無い又は不足することで、隣の雪問題で近所関係がギスギスすることもあります。

雪国の人のくせに、意外と雪捨て場のことを考えないで、家やアパートを建てちゃう人も少なくないんですよね。

一晩の積雪と車
屋根雪による軒折れ

融雪は手段の一つだけど万能ではない

融雪は人手をかけずに雪を融かしたり、あるいは雪捨て場を提供したり、雪に関わる問題解決の手段の一つとなりえます。

でも、光熱費がかかったり、工事が必要であったり、決して万能な存在ではありません。

組合せや選定が大事

様々ある融雪・消雪だけじゃなく、除雪も含めて検討し、最適なものを選んだり、あるいは組み合わせることで問題に対処していくことが大事です。

先人たちの経験(成功例・失敗談)なども参考になります。



【融雪のホンネ】 全メニュー



ピックアップ!こんな話題も

初めての愛車買取りで成功するために
愛車の買換えは時代にあった方法を。国内でもドンドン車が売れてた時代のように値引きに期待できない面も。一方で中古車流通の変化とインターネットが追い風となり.....

融雪見積お助け.com

雪の苦労・被害

融雪の動画・画像・写真

融雪で感動

融雪で失敗

知らないとソンなこと

融雪の基礎知識

地面融雪

屋根融雪

電気融雪

ボイラー(灯油)融雪

ボイラー(ガス)融雪

ヒートポンプ

地下水

融雪選び

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

融雪のホンネ
当サイトへのリンクの際、バナーを使われるときはコチラをご利用ください。
直リンクはサーバー負荷となり困りますので、一旦画像をお持ち帰りいただいて、ご利用願います。
Copyright © 2009-2016 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved