なぜ?費用をかけてまで雪を融かすのか

融雪には装置の購入や工事などの初期費用と、雪を融かすためのランニングコストがかかります。

融雪を利用している人たちは、なぜ費用をかけてまで、雪を融かそうとするのでしょうか?

「除雪に労力や時間をかけずに済む(減らせる)」
「雪があることで生じる不便や危険を回避できる」
「雪下しや除排雪も、頼めばけっこう高いし、気も使う」
などなど。文章にすると当たり前のことですが、そこに込められている思いの重さや強さは、体験した人にしか理解できないものもあります。

融雪には利用者たちしか知らないホンネもあります。
そのホンネを知れば、もっと融雪の事が理解できるはず。

雪下ろし・除雪など

雪に関わる不便や問題のいろいろ

積雪のある雪国では当たり前のことですが、積もった雪をどうにかしないことには、日常生活も仕事も何もできません。

積もった雪は片付けるのが基本ですが、何十センチと積もった雪を片付けるのは、かなりの労力を要します。 しかも吹雪や寒さの悪天候での作業であることも少なくないです。

若いうちは運動も兼ねて頑張れたとしても、年齢を重ねるにつれて、しだいに負担も大きく感じるようになります。

身に余る雪片付けを続けると、疲れから注意力も低下します。 それが原因と思われる事故も毎年たくさん発生しています。

雪片付けは、時間もかかる作業です。
・朝の出かける前の時間
・一日を終えて疲れて帰ってきてからの時間
いずれもできれば雪片付けという重労働は避けたいところですが、そうもいきません。

雪片付けしないことには、車も出せないですし、家の前もみっともない状態です。

市街地や住宅地では、雪捨て場が無い又は不足することで、隣の雪問題で近所関係がギスギスすることもあります。

雪国の人のくせに、意外と雪捨て場のことを考えないで、家やアパートを建てちゃう人も少なくないんですよね。

一晩の積雪と車
屋根雪による軒折れ

融雪は手段の一つだけど万能ではない

融雪は人手をかけずに雪を融かしたり、あるいは雪捨て場を提供したり、雪に関わる問題解決の手段の一つとなりえます。

でも、光熱費がかかったり、工事が必要であったり、決して万能な存在ではありません。

組合せや選定が大事

様々ある融雪・消雪だけじゃなく、除雪も含めて検討し、最適なものを選んだり、あるいは組み合わせることで問題に対処していくことが大事です。

先人たちの経験(成功例・失敗談)なども参考になります。



【融雪のホンネ】 全メニュー



ピックアップ!こんな話題も

失敗しない新築!吹き抜けのデザインor雪で苦労しない家
吹き抜け間取りのリビングのある家が人気です。階段途中に中二階があったり魅力ある間取りも特徴です。しかし、その魅力のデザインの家は300万円~400万円程度費用が高めのことも。一方そのくらいのお金をかければ、雪で苦労しないための融雪が十分施工できます。デザイン重視か?それとも雪で苦労しない生活を選ぶか.....

20(m2)・車1台駐車分に降る雪の量|除雪と融雪の比較
車1台の駐車スペース程度である20㎡(平米)を目安に、「除雪による時間・労力」と、「融雪によるランニングコスト」を比較してみました。どちらがいいか?あるいは両方を組合わせて丁度いいところを狙うか?融雪計画の参考にどうぞ。.....

大雪の風景写真とエピソード
大雪のときの風景とエピソードを集めました。どんなに疲れても、時間がなくても片づけないと始まらない。.....

電力自由化(平成28年4月)の影響で不便に!融雪用電力と電気融雪
2016年4月からの電力自由化で電力会社を選べる時代となりました。この影響により東北電力管内では、融雪用電力が使いづらくなり、電気融雪の敷居が高くなるという影響がでました。ちなみに北海道電力ではそのような問題な内容です。その謎に迫ります。.....

融雪の自動運転に慣れると手動の節約運転に挑戦したくなる
センサー任せの自動運転の融雪に慣れてくると、タイミング的にもったいないと感じる運転に気づくようになってきます。そこで、手動運転を組み入れて節約運転を始める人もいます。しかし、融雪のタイプによっては手動運転に向いてるものと、向いてないものがあります。失敗すると融雪しきれない状態になることも。.....

地下水タイプの融雪・消雪の見落しがちな弱点
地下水が出る地域なら、ランニングコスト的に有利な地下水を使った消雪や融雪は実績もあり人気です。しかし、魅力に隠れて見落しやすい弱点もあります。地下水を使った融雪についてしっかり理解することで、後悔しない融雪を行いましょう。.....

玄関前の融雪選び|地下水・電気・ボイラー・マットなどの長所と短所
玄関前の融雪で満足のものを選ぶなら、地下水・ヒートポンプ・ボイラー・マットなどなど選べるタイプについて、使い勝手やデザイン、コスト、弱点や注意点などを知っておく事が大事です。融雪のタイプが分からないままでは、業者選びでしっぱいすることも。業者によって得意なタイプはそれぞれ違いますからね。.....

動画で見る【融雪】ルーフヒーティング・ロードヒーティングなど
屋根融雪(ルーフヒーティング)の動画を集めました。屋根融雪を知るために、いろいろな屋根融雪を集めていきたいです。.....

見落とし注意!道県・市区町村の消雪・融雪工事の補助金・融資の一覧
道や県、市区町村では融雪に関する補助金や融資を行っている場合があります。該当する場合は見落としたくないものです。現在、あるいは過去の補助金・低利融資・無利子融資についてまとめていきます。比較することで気づくこともあります。役所への問合せの際の参考や予備知識にどうぞ。.....

雪を残す融雪でコストと労力を最適に
雪を融かすには経費がかかります。ですので、必要以上に雪を融かすのは、資源やお金のムダづかいかも。雪を残しても問題のない場所や量をしっかり把握することで、融雪の工事代もランニングコストも節約できます。意外に「融雪は全てを融かすもの」という思い込みに捉われてる人が多いです。注意しましょう。.....

初めての愛車買取りで成功するために
愛車の買換えは時代にあった方法を。国内でもドンドン車が売れてた時代のように値引きに期待できない面も。一方で中古車流通の変化とインターネットが追い風となり.....

融雪見積お助け.com

雪の苦労・被害

融雪の動画・画像・写真

融雪で感動

融雪で失敗

知らないとソンなこと

融雪の基礎知識

地面融雪

屋根融雪

電気融雪

ボイラー(灯油)融雪

ボイラー(ガス)融雪

ヒートポンプ

地下水

融雪選び

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

融雪のホンネ
当サイトへのリンクの際、バナーを使われるときはコチラをご利用ください。
直リンクはサーバー負荷となり困りますので、一旦画像をお持ち帰りいただいて、ご利用願います。
Copyright © 2009-2020 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved