融雪の基礎知識 ≫ 20㎡で除雪・融雪比べ

ママさんダンプ1回の雪の量

よく目にする普通のサイズのママさんダンプで、運べる雪の量を測りました。

新雪で積もった直後の場合ふわふわなので、ダンプに乗せる時に圧縮されて、一度で運べる量はもう少し多いでしょう。
しっかり押し込んでダンプに雪を積めば、2~3倍は乗るんじゃないかと思います。

20m2に30cm積雪:除雪の労力と時間

20[m2]×0.3[m]=6[m3]の雪の量です。

ママさんダンプなら最大80回の往復でしょうか。
(6[m3]÷0.075[m3/回]=80[回])
男性ならダンプに雪を乗せるとき、ぐいっと押し込むので半分の40回くらいの往復でも十分そうな気はしますが。

雪をダンプですくって、雪捨て場に捨てて戻るまでの往復を、もし1回30秒かかるとすれば、「80往復で40分(女性)」~「40往復で20分(男性)」くらいでしょう。

雪捨て場が近ければもっと早く終わりますし、雪捨て場が遠ければもっと時間がかかります。

20m2に30cm積雪:融雪の費用



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

雪を残す融雪でコストと労力を最適に
雪を融かすには経費がかかります。ですので、必要以上に雪を融かすのは、資源やお金のムダづかいかも。雪を残しても問題のない場所や量をしっかり把握することで、融雪の工事代もランニングコストも節約できます。意外に「融雪は全てを融かすもの」という思い込みに捉われてる人が多いです。注意しましょう。.....

電力自由化(平成28年4月)の影響で不便に!融雪用電力と電気融雪
2016年4月からの電力自由化で電力会社を選べる時代となりました。この影響により東北電力管内では、融雪用電力が使いづらくなり、電気融雪の敷居が高くなるという影響がでました。ちなみに北海道電力ではそのような問題な内容です。その謎に迫ります。.....

失敗しない新築!吹き抜けのデザインor雪で苦労しない家
吹き抜け間取りのリビングのある家が人気です。階段途中に中二階があったり魅力ある間取りも特徴です。しかし、その魅力のデザインの家は300万円~400万円程度費用が高めのことも。一方そのくらいのお金をかければ、雪で苦労しないための融雪が十分施工できます。デザイン重視か?それとも雪で苦労しない生活を選ぶか.....

動画で見る【融雪】ルーフヒーティング・ロードヒーティングなど
屋根融雪(ルーフヒーティング)の動画を集めました。屋根融雪を知るために、いろいろな屋根融雪を集めていきたいです。.....

玄関前の融雪選び|地下水・電気・ボイラー・マットなどの長所と短所
玄関前の融雪で満足のものを選ぶなら、地下水・ヒートポンプ・ボイラー・マットなどなど選べるタイプについて、使い勝手やデザイン、コスト、弱点や注意点などを知っておく事が大事です。融雪のタイプが分からないままでは、業者選びでしっぱいすることも。業者によって得意なタイプはそれぞれ違いますからね。.....

Copyright © 2009-2020 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved