融雪の基礎知識 ≫ 20㎡で除雪・融雪比べ

ママさんダンプ1回の雪の量

よく目にする普通のサイズのママさんダンプで、運べる雪の量を測りました。

新雪で積もった直後の場合ふわふわなので、ダンプに乗せる時に圧縮されて、一度で運べる量はもう少し多いでしょう。
しっかり押し込んでダンプに雪を積めば、2~3倍は乗るんじゃないかと思います。

20m2に30cm積雪:除雪の労力と時間

20[m2]×0.3[m]=6[m3]の雪の量です。

ママさんダンプなら最大80回の往復でしょうか。
(6[m3]÷0.075[m3/回]=80[回])
男性ならダンプに雪を乗せるとき、ぐいっと押し込むので半分の40回くらいの往復でも十分そうな気はしますが。

雪をダンプですくって、雪捨て場に捨てて戻るまでの往復を、もし1回30秒かかるとすれば、「80往復で40分(女性)」~「40往復で20分(男性)」くらいでしょう。

雪捨て場が近ければもっと早く終わりますし、雪捨て場が遠ければもっと時間がかかります。

20m2に30cm積雪:融雪の費用



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

散水融雪(消雪)の事例写真で徹底分析※失敗や工夫に学ぶ
実際に運転中の地下水散水タイプの融雪(消雪)の事例写真をもとに徹底分析。失敗、工夫、長所や短所など実際の写真でしか分からないものも。これからの融雪・消雪の改善や検討で見逃せないポイントをたくさん集めました。.....

雪を残す融雪でコストと労力を最適に
雪を融かすには経費がかかります。ですので、必要以上に雪を融かすのは、資源やお金のムダづかいかも。雪を残しても問題のない場所や量をしっかり把握することで、融雪の工事代もランニングコストも節約できます。意外に「融雪は全てを融かすもの」という思い込みに捉われてる人が多いです。注意しましょう。.....

見落とし注意!道県・市区町村の消雪・融雪工事の補助金・融資の一覧
道や県、市区町村では融雪に関する補助金や融資を行っている場合があります。該当する場合は見落としたくないものです。現在、あるいは過去の補助金・低利融資・無利子融資についてまとめていきます。比較することで気づくこともあります。役所への問合せの際の参考や予備知識にどうぞ。.....

屋根融雪の基本と注意点|知らないこと困る!過去の失敗から生まれた知恵
屋根融雪を検討するなら知っておきたい常識や知恵。過去の失敗や経験をもとに生まれた知恵。どんなタイプが良く使われているか?などなどを解説中。.....

地下水タイプの融雪・消雪の見落しがちな弱点
地下水が出る地域なら、ランニングコスト的に有利な地下水を使った消雪や融雪は実績もあり人気です。しかし、魅力に隠れて見落しやすい弱点もあります。地下水を使った融雪についてしっかり理解することで、後悔しない融雪を行いましょう。.....

Copyright © 2009-2020 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved