融雪の基礎知識 ≫ 用語の解説

あ行

あすと【アスト】
 屋根につける雪止めのこと。

いど【井戸】
 地下水を用いた融雪(消雪)の水源です。浅井戸(数メートル:陸上ポンプで汲み上げ可能)と、深井戸(数十メートル:水中ポンプ)に大きく分けられます。

エフアールピー【FRP】
 強化プラスチック。融雪槽などの本体に使われる素材。金属と異なり腐食に強い。

か行

こうせつせんさー【降雪センサー】
 融雪の自動運転に用いられます。降雪や温度などを感知します。

さ行

すいちゅうぽんぷ【水中ポンプ】
 深井戸の揚水に必要なポンプ。ポンプ本体を水中に設置して使用する。

せっぴ【雪庇】
 屋根の軒や縁からはみ出した雪の庇。同時にツララが発達することもあります。落雪・落氷による被害の原因にもなりやすいです。

た行

でんき【電気】
 融雪の熱源や、地下水くみ上げのための動力減として用いられる。電力会社毎に、融雪用の特別な契約も用意されている。

な・は行

ひーとぽんぷ【ヒートポンプ】
 融雪の熱源として使われます。動力は電気ですが、コンプレッサを使って大気中の熱を利用する仕組みで、電気ヒーターに比べてランニングコストが安くなります。ただし、工事費は電気ヒーターより高くなりがちです。
 ボイラーと同じ温水循環によるため、ボイラーとの交換でヒートポンプが利用される場合もあります。
 三菱のメルスノーが有名で、実績も多いです。

ぼいらー【ボイラー】
 融雪の熱源として使われる。ガスや灯油を燃料として、可燃部をもった設備。

ま・や行

ゆきおろし【雪下ろし】
 屋根に積もった雪を下ろす作業。危険が伴い、毎年事故が発生している。そのため業者に依頼する場合も多い。

ら・わ行

るーふひーてぃんぐ【ルーフヒーティング】
 屋根を温めることで、屋根上の雪を融かす仕組み。

ろーどひーてぃんぐ【ロードヒーティング】
 舗装下に設置したヒーターや不凍液の循環パイプなどを通じて地面を温めて雪を融かす仕組み。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

動画で見る【融雪】ルーフヒーティング・ロードヒーティングなど
屋根融雪(ルーフヒーティング)の動画を集めました。屋根融雪を知るために、いろいろな屋根融雪を集めていきたいです。.....

融雪の自動運転に慣れると手動の節約運転に挑戦したくなる
センサー任せの自動運転の融雪に慣れてくると、タイミング的にもったいないと感じる運転に気づくようになってきます。そこで、手動運転を組み入れて節約運転を始める人もいます。しかし、融雪のタイプによっては手動運転に向いてるものと、向いてないものがあります。失敗すると融雪しきれない状態になることも。.....

電力自由化(平成28年4月)の影響で不便に!融雪用電力と電気融雪
2016年4月からの電力自由化で電力会社を選べる時代となりました。この影響により東北電力管内では、融雪用電力が使いづらくなり、電気融雪の敷居が高くなるという影響がでました。ちなみに北海道電力ではそのような問題な内容です。その謎に迫ります。.....

玄関前の融雪選び|地下水・電気・ボイラー・マットなどの長所と短所
玄関前の融雪で満足のものを選ぶなら、地下水・ヒートポンプ・ボイラー・マットなどなど選べるタイプについて、使い勝手やデザイン、コスト、弱点や注意点などを知っておく事が大事です。融雪のタイプが分からないままでは、業者選びでしっぱいすることも。業者によって得意なタイプはそれぞれ違いますからね。.....

失敗しない新築!吹き抜けのデザインor雪で苦労しない家
吹き抜け間取りのリビングのある家が人気です。階段途中に中二階があったり魅力ある間取りも特徴です。しかし、その魅力のデザインの家は300万円~400万円程度費用が高めのことも。一方そのくらいのお金をかければ、雪で苦労しないための融雪が十分施工できます。デザイン重視か?それとも雪で苦労しない生活を選ぶか.....

Copyright © 2009-2020 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved