雪の苦労・被害 ≫ 雪の被害の写真

雪の重さで曲がった屋根の軒先(折板葺き)

強そうに見える折板葺きの屋根ですが、雪の重量には勝てなかったようです。(H23)

おそらく昨シーズンの大雪によるものと思われます。(H23.12)

雪の重さで壊れた屋根の軒先

屋根の軒部分が、雪の重量でめちゃめちゃに壊れてます。
軒先部分の被害って、けっこう多いです。(H23)

軒が雪の重量で壊れてます。昨シーズンの被害でしょう。(H23.12)

アパートっぽい建物ですが、軒が壊れてます。被害は昨シーズンのものかもしれません。(H24.01)

軒が大きく壊れてます。被害は昨シーズンのものかもしれません。(H24.01)

雪の重さで壊れた建物

雪の重さで潰された空き店舗です。ブルーシートで覆われてもとが何の建物だったのか分からないような状態です。(H23)

空き家か小屋か、通りに面していたので雪に埋もれつつも目立っていました。(H24.01)

雨樋の被害

屋根からの雪庇の圧力のためでしょうか、雨樋が壊れて垂れ下がってました。(H24.01)


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

大雪の風景写真とエピソード
大雪のときの風景とエピソードを集めました。どんなに疲れても、時間がなくても片づけないと始まらない。.....

地下水タイプの融雪・消雪の見落しがちな弱点
地下水が出る地域なら、ランニングコスト的に有利な地下水を使った消雪や融雪は実績もあり人気です。しかし、魅力に隠れて見落しやすい弱点もあります。地下水を使った融雪についてしっかり理解することで、後悔しない融雪を行いましょう。.....

20(m2)・車1台駐車分に降る雪の量|除雪と融雪の比較
車1台の駐車スペース程度である20㎡(平米)を目安に、「除雪による時間・労力」と、「融雪によるランニングコスト」を比較してみました。どちらがいいか?あるいは両方を組合わせて丁度いいところを狙うか?融雪計画の参考にどうぞ。.....

融雪の自動運転に慣れると手動の節約運転に挑戦したくなる
センサー任せの自動運転の融雪に慣れてくると、タイミング的にもったいないと感じる運転に気づくようになってきます。そこで、手動運転を組み入れて節約運転を始める人もいます。しかし、融雪のタイプによっては手動運転に向いてるものと、向いてないものがあります。失敗すると融雪しきれない状態になることも。.....

散水融雪(消雪)の事例写真で徹底分析※失敗や工夫に学ぶ
実際に運転中の地下水散水タイプの融雪(消雪)の事例写真をもとに徹底分析。失敗、工夫、長所や短所など実際の写真でしか分からないものも。これからの融雪・消雪の改善や検討で見逃せないポイントをたくさん集めました。.....

Copyright © 2009-2011 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved