雪の苦労・被害 ≫ 雪の被害の写真

雪の重さで曲がった屋根の軒先(折板葺き)

強そうに見える折板葺きの屋根ですが、雪の重量には勝てなかったようです。(H23)

おそらく昨シーズンの大雪によるものと思われます。(H23.12)

雪の重さで壊れた屋根の軒先

屋根の軒部分が、雪の重量でめちゃめちゃに壊れてます。
軒先部分の被害って、けっこう多いです。(H23)

軒が雪の重量で壊れてます。昨シーズンの被害でしょう。(H23.12)

アパートっぽい建物ですが、軒が壊れてます。被害は昨シーズンのものかもしれません。(H24.01)

軒が大きく壊れてます。被害は昨シーズンのものかもしれません。(H24.01)

雪の重さで壊れた建物

雪の重さで潰された空き店舗です。ブルーシートで覆われてもとが何の建物だったのか分からないような状態です。(H23)

空き家か小屋か、通りに面していたので雪に埋もれつつも目立っていました。(H24.01)

雨樋の被害

屋根からの雪庇の圧力のためでしょうか、雨樋が壊れて垂れ下がってました。(H24.01)


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

重労働だった除雪が、指一本・スイッチ一つの融雪に
雪片づけは誰にとっても重労働です。しかも朝の出発前の貴重な時間を割かれたり、雪が積もれば時間を問わず除雪が必要です。家の前や屋根が雪に埋もれているのは見栄えも悪く、放っておくわけにもいきません。そんな大変な雪片づけを、指一本の操作で不要にする融雪だから、利用者にしか分からない感動があるんですね。施工.....

玄関前の融雪選び|地下水・電気・ボイラー・マットなどの長所と短所
玄関前の融雪で満足のものを選ぶなら、地下水・ヒートポンプ・ボイラー・マットなどなど選べるタイプについて、使い勝手やデザイン、コスト、弱点や注意点などを知っておく事が大事です。融雪のタイプが分からないままでは、業者選びでしっぱいすることも。業者によって得意なタイプはそれぞれ違いますからね。.....

留守中の融雪の悩みも工夫しだいでこんな方法
留守中の融雪はどうなのか?電気融雪のほうが安心なイメージがありますが、実はボイラーでもやり方しだいで留守中も問題なく運転できます。融雪を自動運転で一週間以上留守にしている体験談なども。.....

大雪の風景写真とエピソード
大雪のときの風景とエピソードを集めました。どんなに疲れても、時間がなくても片づけないと始まらない。.....

雪を残す融雪でコストと労力を最適に
雪を融かすには経費がかかります。ですので、必要以上に雪を融かすのは、資源やお金のムダづかいかも。雪を残しても問題のない場所や量をしっかり把握することで、融雪の工事代もランニングコストも節約できます。意外に「融雪は全てを融かすもの」という思い込みに捉われてる人が多いです。注意しましょう。.....

Copyright © 2009-2011 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved