融雪の動画・画像・写真 ≫ 融雪(屋根・地面)の動画集
屋根融雪 ≫ 融雪(屋根・地面)の動画集

公開動画で分かること&見落せない注意点

融雪についての公開動画がいろいろありますが、動画は主に次の3つのタイプがあります。

(1)メーカーの公開動画、(2)施工業者の公開動画、(3)利用者の公開動画

それぞれ、目的が異なりますので、動画を見る際にはどんな立場の人が公開したものなのかにも注意してみることが大事です。

たとえば、「(1)メーカーの公開動画」はメーカーがPRのために作成したものですので、長所部分をアピールし、短所部分はそれほど語られていないこともあるかもしれません。

「(2)施工業者の公開動画」は、業者が施工した地域の特徴が影響している場合もあるため、見ている人と違う地域の場合、参考にならない場合もあるかもしれません。例えば、気温、風、降雪の量やスピード、時間帯等々の違いによる影響がある場合もあります。

「(3)利用者の公開動画」はユーザー視点で参考になりますが、その一方で間違った見解を含む場合もあります。

それぞれの見方


屋根融雪の動画

YouTubeで見つけた動画です。

屋根融雪には、屋根全体のもの、部分的なものがあります。部分的な屋根融雪で多いのは、雪庇やツララが問題になりやすい軒先です。そのほか雪が集まりやすい谷部での融雪も行われます。

構造的にみると、見た目は見えない屋根下に設置するタイプ、屋根を剥がずに施工できる屋根上に置くタイプ、雪止めをしてそこで融雪するタイプなどがあります。

熱源的には、一般的には電気ヒーターを使ったものもが多いです。そのほか、ボイラーを熱源として温水循環のものもあります。さらに井戸水を使った融雪(消雪)もあります。

融雪パネル「雪将軍」の検証動画だそうです。(2015/02/23 公開とのことです)みるみる融けていくのが早送りで見ることができます。

パテジソン(2014/02/26 に公開)。屋根に散水して雪を融かすタイプです。屋根表面にはるシートがこの技術の特徴のようです。




融雪ではない屋根の工夫

YouTubeでの動画です。

構造的な工夫などで、光熱費を使わないで、屋根雪問題の解決を図るものを集めました。

「AKBroof工法(通気断熱・軒先自然融雪)つらら・結露スガモリ防止(2011/09/02 に公開)」と書かれていました。施工風景や完成した屋根の細部などが紹介されています。



移動式除雪機

投入と同時に雪を融かしていく除雪機の移動式のものです。

業務用や家庭用に大きく分かれます。

「大仁製移動式融雪機「ゆうらく号」MV-15DXの融雪作業風景(2014/02/14 に公開)」どのぐらいのペースでどのくらいの量が融かせるのか、また作業性、移動性も確認できます。

移動式高速融雪機「融蹄(ゆうてい)」(2011/07/16に公開)。融雪機はユニックなどで運搬するタイプで業務用です。動画ではショベルなどを使って雪を投入しています。




埋設型除雪機

投入と同時に雪を融かしていく除雪機の埋設型です。

すぐ融かしていくため熱量も大きく、運転音が大きいです。




融雪槽

地中に設置された槽に雪を投入していきます。融雪機と違って時間をかけて融かすため、音は静かで、燃料費も少ないことが特徴です。

熱源として地下水・電気・ボイラーなどがあります。




ロードヒーティング

舗装下にヒーターや温水循環を設置してその熱で雪を融かします。

熱源には電気、ボイラー、ヒートポンプ、地下水などの方式があります。




このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

Copyright © 2009-2016 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved