知らないとソンなこと ≫ 屋根融雪の基本と注意点
屋根融雪 ≫ 屋根融雪の基本と注意点

万能ではない屋根融雪

屋根上の雪を融かす「屋根融雪」は、雪下ろしの危険や手間を省く一つの方法です。 しかし、万能なわけではないです。

屋根融雪が問題解決に役立つ条件やケースと、屋根融雪では問題解決が難しい条件やケースについて、紹介していきます。

ご自身の屋根雪問題を考えるときの参考になると思います。


屋根融雪が有効な条件・ケース

軒先の雪庇やツララ対策

軒先にできる雪庇やツララの重さで、「軒折れ」などの被害を時々目にします。
あるいは、雪庇やツララによる雪・氷の塊が落下することで、窓ガラスや壁、屋根下での物や人に被害を及ぼすこともあります。

軒先に屋根融雪を設置して、軒先の雪を融かすことで問題を解決します。
軒先から雪庇やツララがなくなることで、思った以上に見た目もすっきりし、その変化に喜ぶ人も多いです。

雨どいがある屋根では、雨どいにヒーターを入れるだけでも、かなり改善する場合もあります。

屋根の形が複雑・谷形状の屋根雪

屋根の形が複合的で複雑な場合、その上に積もる雪にも偏りが出てきます。

特に「」になる場所には雪が集まりやすく、大きな雪庇やツララになり、屋根の負担になります。また、大きな雪や氷の塊が落下することで、人や物に被害が及ぶこともあります。窓ガラスや外壁が損傷するケースもあります。

雪が集まりやすい部分に屋根融雪を設置して、無用な雪を融かすことで、問題を軽減・解決します。

折板屋根の軒先

商業施設などで多い折板屋根ですが、その軒先が氷の塊で覆われることがあります。

建物の中の暖房の余熱により屋根上では雪が融ける一方で、軒先に氷があると排水できずに、屋根の上はプールのように水が溜まります。そして折板のすき間からの雨漏り(すが漏り)となったり、屋根が傷む原因となります。

軒先の排水を確保することが求められ、軒先に融雪を設置して対応します。


屋根融雪が困難な条件・ケース

屋根勾配が急な屋根

屋根勾配が急な屋根は、「屋根上に雪をためずにこまめに落とす」ことが、そもそも前提となっています。しかし・・

「空き地だった隣接地に建物などができて、これまでのように雪を落とせなくなった」
「経年で屋根雪の滑りが悪くなり、まとまってドスンと落ちるようになり、なんとかしたい」
「本来それほど雪が降る地域ではないのに、異常気象で雪が積もり、隣接地に屋根雪が落ちて問題になった」
などの事情により、融雪を検討するケースがあります。

ところが、屋根勾配が急(4寸勾配以上など)なほど、工事自体が難しくなり、足場を要し費用も嵩みます。

屋根融雪で「落雪を軽減する」ことはできても、屋根融雪だけで、「落雪を完全に防ぐ」ことは難しいです。もしそれを望む場合は雪止めを併用するかたちになりますが、工事費とランニングコストを考えると現実的ではないのでした。(屋根そのもののリフォームを選択する人も多いです。)

急勾配の屋根に、雪止めだけをつけるときにも注意が必要です。 配置や数を誤ると、止めた雪の重さで、雪止めごと落雪して、屋根下で問題を起こすだけにとどまらず、屋根に傷を残すことになることもあります。


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

Copyright © 2009-2016 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved