知らないとソンなこと ≫ 屋根融雪の基本と注意点
屋根融雪 ≫ 屋根融雪の基本と注意点

万能ではない屋根融雪

屋根上の雪を融かす「屋根融雪」は、雪下ろしの危険や手間を省く一つの方法です。 しかし、万能なわけではないです。

屋根融雪が問題解決に役立つ条件やケースと、屋根融雪では問題解決が難しい条件やケースについて、紹介していきます。

ご自身の屋根雪問題を考えるときの参考になると思います。


屋根融雪が有効な条件・ケース

軒先の雪庇やツララ対策

軒先にできる雪庇やツララの重さで、「軒折れ」などの被害を時々目にします。
あるいは、雪庇やツララによる雪・氷の塊が落下することで、窓ガラスや壁、屋根下での物や人に被害を及ぼすこともあります。

軒先に屋根融雪を設置して、軒先の雪を融かすことで問題を解決します。
軒先から雪庇やツララがなくなることで、思った以上に見た目もすっきりし、その変化に喜ぶ人も多いです。

雨どいがある屋根では、雨どいにヒーターを入れるだけでも、かなり改善する場合もあります。

屋根の形が複雑・谷形状の屋根雪

屋根の形が複合的で複雑な場合、その上に積もる雪にも偏りが出てきます。

特に「」になる場所には雪が集まりやすく、大きな雪庇やツララになり、屋根の負担になります。また、大きな雪や氷の塊が落下することで、人や物に被害が及ぶこともあります。窓ガラスや外壁が損傷するケースもあります。

雪が集まりやすい部分に屋根融雪を設置して、無用な雪を融かすことで、問題を軽減・解決します。

折板屋根の軒先

商業施設などで多い折板屋根ですが、その軒先が氷の塊で覆われることがあります。

建物の中の暖房の余熱により屋根上では雪が融ける一方で、軒先に氷があると排水できずに、屋根の上はプールのように水が溜まります。そして折板のすき間からの雨漏り(すが漏り)となったり、屋根が傷む原因となります。

軒先の排水を確保することが求められ、軒先に融雪を設置して対応します。


屋根融雪が困難な条件・ケース

屋根勾配が急な屋根

屋根勾配が急な屋根は、「屋根上に雪をためずにこまめに落とす」ことが、そもそも前提となっています。しかし・・

「空き地だった隣接地に建物などができて、これまでのように雪を落とせなくなった」
「経年で屋根雪の滑りが悪くなり、まとまってドスンと落ちるようになり、なんとかしたい」
「本来それほど雪が降る地域ではないのに、異常気象で雪が積もり、隣接地に屋根雪が落ちて問題になった」
などの事情により、融雪を検討するケースがあります。

ところが、屋根勾配が急(4寸勾配以上など)なほど、工事自体が難しくなり、足場を要し費用も嵩みます。

屋根融雪で「落雪を軽減する」ことはできても、屋根融雪だけで、「落雪を完全に防ぐ」ことは難しいです。もしそれを望む場合は雪止めを併用するかたちになりますが、工事費とランニングコストを考えると現実的ではないのでした。(屋根そのもののリフォームを選択する人も多いです。)

急勾配の屋根に、雪止めだけをつけるときにも注意が必要です。 配置や数を誤ると、止めた雪の重さで、雪止めごと落雪して、屋根下で問題を起こすだけにとどまらず、屋根に傷を残すことになることもあります。


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

失敗しない新築!吹き抜けのデザインor雪で苦労しない家
吹き抜け間取りのリビングのある家が人気です。階段途中に中二階があったり魅力ある間取りも特徴です。しかし、その魅力のデザインの家は300万円~400万円程度費用が高めのことも。一方そのくらいのお金をかければ、雪で苦労しないための融雪が十分施工できます。デザイン重視か?それとも雪で苦労しない生活を選ぶか.....

20(m2)・車1台駐車分に降る雪の量|除雪と融雪の比較
車1台の駐車スペース程度である20㎡(平米)を目安に、「除雪による時間・労力」と、「融雪によるランニングコスト」を比較してみました。どちらがいいか?あるいは両方を組合わせて丁度いいところを狙うか?融雪計画の参考にどうぞ。.....

大雪の風景写真とエピソード
大雪のときの風景とエピソードを集めました。どんなに疲れても、時間がなくても片づけないと始まらない。.....

電力自由化(平成28年4月)の影響で不便に!融雪用電力と電気融雪
2016年4月からの電力自由化で電力会社を選べる時代となりました。この影響により東北電力管内では、融雪用電力が使いづらくなり、電気融雪の敷居が高くなるという影響がでました。ちなみに北海道電力ではそのような問題な内容です。その謎に迫ります。.....

融雪の自動運転に慣れると手動の節約運転に挑戦したくなる
センサー任せの自動運転の融雪に慣れてくると、タイミング的にもったいないと感じる運転に気づくようになってきます。そこで、手動運転を組み入れて節約運転を始める人もいます。しかし、融雪のタイプによっては手動運転に向いてるものと、向いてないものがあります。失敗すると融雪しきれない状態になることも。.....

Copyright © 2009-2020 利用者/業者しか知らない融雪のホンネ~融雪の日常と感動/失敗/自慢他. All rights reserved